上野公園での大道芸 GEN(ジェン)ソロ

昨夜台風が上陸し、千葉で大規模な停電が発生し、電車のダイヤも滅茶苦茶な状態の今朝でしたが、天気だけは快晴!

いや、むしろ暑すぎる(´;ω;`)ウゥゥ

天気予報によっては猛暑注意報が発令するほどの厚さでした。

 

「行っても人がいなくて帰ってくるんだろうな?」

 

なんて思いながら準備して車に乗り込むと・・・そこはまさにサウナ状態( ノД`)シクシク…

 

この時点でやる気はほとんど無くなっていました。

「でも近いから行くだけ行こう!」

大道芸を始めて20年、たとえ雨であっても現場に行かずに中止したときはひどく罪悪感にさいなまれます。

これはもはや職業病(笑)

 

上野公園につくとやはり中止するための理由を無意識のうちに探し始めていました。

不忍池周辺にはほとんど人がいない。

台風の影響で葉っぱや折れた木の枝が散乱している。

 

でも思ったよりは暑くない?

パフォーマンスポイントにつくと・・・やってやれなくはない程度人は出ている。

「しょうがない、やるか!」

しぶしぶ準備をしていると・・・

薄くかかっていた雲が無くなり、くそ暑い状態に(;▽;)

 

それでも準備開始してしまったので、やることに・・・

 

音楽をかけ始めると・・・だんだんワクワクしてきた(笑)

これももはや職業病♪

パブロフの犬状態(爆笑)

 

そうすると一人の女性が止まった♪

その人とおしゃべりしながら進めていると外人さんが止まった。

さらに外人の家族が止まった。

気が付いたら7割がた外人だらけに(笑)

とはいっても10人から15人くらいを増えたり減ったり・・・(;^_^A

こういった場合いつものことだが、選択に迫られます。

日本人向けのショーをやるか、海外で活動しているつもりでやるか、その中間でやるか?

☆日本人向けのショー=いつもの大道芸(日本語が多いので、外人さんが途中で帰る確率がが高い)

☆海外で活動しているつもりのショー=会話が少なく、多少の英語とジェスチャーで進めていくショー(比較的日本人が帰る確率が高い)

☆その中間=両方を適度に混ぜて行うショー(シーンによっては日本語と英語やジェスチャー両方で行わないといけないので、だらだら長いショーになってしまう。)

 

今回選んだのは、英語単語やジェスチャー多めのショーに日本語解説を入れていくという中間の中でもいつもと逆のパターン(中間を選ぶときは、日本語多めで、英語やジェスチャーで補足していくというパターンが多いです。)

このパターンは実は初めて(;^ω^)

 

その場で思いついた新しいネタが出てきたり、新しい発見があったのはよかったのですが、ショーはグダグダ(-_-;)

でも楽しかったから良しとします♪

 

もう少し英語が喋れればもうちょっとテンポよくなるんだろうけど・・・だれかショーの時に使う英会話を教えてください オネガイ(-人-;)(;-人-)オシエテ

 

ショーが終わって片付けていると、「Gちょこはやらないんですか?」と声をかけられました。

ふと見ると、一番最初に足を止めてくれた女性の方でした。

僕のこと知ってた♪*。ヾ(。>v<。)ノ゙*。

正直この人がいなかったら、客寄せにどれだけ時間がかかっていたことか?

こういう人が一人でも多くいてくれるとショーのスタートがスムーズになり、良いショーができることが多いのです♪

本当に助かりました。

有難うございます。(人''▽`)ありがとう☆

 

GちょこMarbleは今活動していないこと。

その流れを継いでいるのがアルジェントさーかすであること。(ちょことアルは当然別人なので、関わり合いは全然別物になっていますが♪)

「アルジェントさーかす」で検索すればホームページが出てくること。

 

を伝えましたが、探してくれたかな?

 

無事見つけられてるとよいのですが♪

2019年09月10日|パフォーマンス:パフォーマンスに関するお知らせ